目に見えないところで水道修理が必要なトラブルが起こることもある

水のトラブルで修理が必要になる場面は珍しくありません。ただし、場合によって水漏れしている場所がどこなのか分からないこともあります。そのまま放置しておくと被害が拡大することもあるので、できるだけ早く水漏れ箇所を特定することが大事です。

■見えない場所で水漏れが起きているときの変化とは

水漏れトラブルは見えない場所で起きたとき、床が水浸しになることではじめて気づくことがあります。目に見えて分かる場所ならそれが水漏れによるものだと分かるものの、見渡してみてもどこから漏れているのか分からないケースも珍しくありません。床が濡れているような状況ということは、かなり前から水漏れが起きていた可能性があります。そのため、振り返ってみれば以前と比べて何かが違っていたと小さな変化に気づいていることもあるのです。
例えばそのひとつが水道料金です。家族が増えればそれだけ水道料金が高くなるのは当たり前のことですが、その家に暮らす人の数に変化はないのに水道料金がじわじわと値上がりした場合、ひょっとしたら家の中のどこかで水が漏れている可能性があります。水を供給するための給水管でトラブルが起きていたことで、いつの間にか水道料金が跳ね上がってしまったのです。

■見えない場所で水が漏れているかどうか確認する方法がある

専門的な予備知識がなくても水漏れが起きていることを確認できる方法があります。チェックするのは水道メーターです。ひとまず、家の中にある全ての水回りでいったん水を使うのを止めてみてください。このままの状態で水道メーターを確認します。当然、家で一切水を使っていませんから水道メーターに動きはないはずです。ところが、給水管で水が漏れていると、水道メーターのパイロットという部分が回っているのが分かります。これは水が漏れていると教えてくれているのです。ただし、水漏れの量が微量の場合はパイロットの動きがとても遅いのでなかなか確認しにくいですが、暫く見ていることで確認ができます。
もしもパイロットが動いている場合は見えないところで水漏れが起きている可能性が考えられるので、できるだけ早めに水道の修理専門業者へ連絡を入れて水漏れ箇所を突き止めてもらいましょう。

■まとめ
見えないところで水が漏れていると、最悪な場合は床の中などが腐ってしまいます。白アリやカビが発生すると給水管の修理だけでは済まなくなります。床の張替えとなれば、修理代以外のお金がかかってしまいますから、被害を最小限に食い止めるためにも早急に対処しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ