つまりのトラブルは水道修理が必要になることもある

水のトラブルはさまざまで、はじめてトラブルに遭遇した時には慌ててしまうものです。ある程度水道に関する予備知識を備えておけば、万が一水回りのトラブルが起きても冷静に対応できます。例えば、水のつまりがどうして起きてしまうのか知っておくことで、いざという時に焦らないで済むかもしれません。

■水回りのつまりが起こる原因

以前に比べてなんとなく水の流れが悪くなったと感じたときや、前は感じられなかった不快なニオイがしたときなどはつまりのトラブルが起きている可能性が高いといえます。特につまりのトラブルが起こりやすいのはトイレです。トイレを流した時に水の流れが前に比べて遅いと感じたときは、排水管の中でつまりが起きていると考えられます。排水管のトラップの部分になにかが詰まっていることが原因で、その場所に流したトイレットペーパーがどんどん詰まって水の流れが悪くなり、結果的に水がまったく流れないというトラブルまで発展してしまいます。
お風呂も同様に排水がつまってしまうトラブルが多いと言われていて、この場合は排水管の中に髪の毛などのゴミが溜まっている可能性が非常に高いです。本来は定期的に髪の毛を取り除くなどのお掃除が必要ですが、一度詰まってしまった後は素人にはなかなか対処できないため、修理となると専門業者の出番になることが多いです。

■排水管以外でつまりのトラブルが起きることもある

水の流れがつまるわけですから、使い終わった生活水にゴミなどがまざってつまる可能性も高いです。しかし、排水管だけでなく水を供給するための給水管でもつまりのトラブルが起こることがあります。一般的に給水管が設置された箇所にはストレーナーが設置してあります。ストレーナーとは水の中に含まれている不純物を取り除く働きを担うユニットです。また、パイプの中には錆びないように加工しているので、蛇口をひねればいつでもキレイな水を使うことができます。
しかし、長い期間そのまま使い続けていると、どうしても不純物がストレーナーに溜まってしまいます。サビや不純物が溜まると水の流れが悪くなって、最終的には水が出なくなる恐れがあります。ストレーナーの錆びや不純物を取り除くか、もしくはストレーナーそのものを新しく取り換える修理が必要となります。

■まとめ
つまりのトラブルは水のトラブルの中でも特に多く、水道修理の専門業者には相談の電話も多くかかってきます。状況にもよりますが水のつまりのトラブルは専門業者に任せれば、新たな水のトラブルを引き起こす可能性も低いので安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ